【大切なお知らせ】山中湖情報創造館の指定管理者が「NPO法人地域資料デジタル化研究会」から、令和6年4月1日より「シダックス大新東ヒューマンサービス株式会社」に代わります。

山中湖情報創造館の指定管理者が変わります。令和6年3月31日までは、NPO法人地域資料デジタル化研究会が勤めていますが、令和6年4月1日より、シダックス大新東ヒューマンサービス株式会社様が、新しい山中湖情報創造館の指定管理者になります。
平成16年(2004年)4月1日から5回の協定期間を経て、20年間にわたり山中湖情報創造館の指定管理者を担って参りました。この間、山中湖村の皆様、別荘にいらっしゃる方、旅行で立ち寄っていただいた方など、多くの皆様方によって支えていただきました。感謝しております。本当にありがとうございました。
指定管理者が変わっても、山中湖情報創造館はこれまで通り図書館サービスを提供してまいります。
読書は永遠です。AI時代だからこそ紙の本の読書が大切だと思います。

新しい指定管理者(令和6年度から)

指定管理者(平成16年度から令和5年度まで)

フェアウェルメッセージ

平成16年度から山中湖情報創造館の指定管理者として担ってきました特定非営利活動法人地域資料デジタル化研究会は、令和5年度をもって終了となります。令和6年度よりシダックス大新東ヒューマンサービス株式会社様が新しい山中湖情報創造館の指定管理者となります。

この際なので、これまでの山中湖情報創造館やその指定管理者を担ってきたNPO法人地域資料デジタル化研究会に、フェアウェルメッセージをお寄せいただければ、とてもうれしく思います。2004年4月から2023年3月まで20年間、日本の公共図書館における最初の指定管理者として突っ走ってまいりました。賛否両論、いろいろなご意見があろうかとおもいますが、この際ですのでその思いをメッセージとしていただければ幸いです。本名/ペンネームも可。送信数に制限はございません。

なお、公開可のメッセージにつきましては、館内掲示ならびにWebサイトに掲載させていただきます。
※ 公開可を選択されたメッセージであっても公開しない場合もございます。あらかじめご了承ください。

    ChatGPTで描いたイメージです